Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   攻めの走りが好記録へ
攻めの走りが好記録へ

2022.2.7

別大マラソン、テレビで観戦、熱くなりました。
ペースメーカーが強風の中でも30kmまで、安定したペースでメイクしてくれました。

30km以降、34km過ぎに藤田寛人選手(トヨタ自動車九州)が仕掛け、36km付近で古賀淳紫選手(安川電機)が更にスパート、2時間7分台の記録が出せたのは古賀淳紫選手(安川電機)のお陰だと思っています。
結果として4位に終わりましたがアッパレです。

最後まで食らいついた西山雄介(トヨタ自動車)が40km過ぎででスパート、初マラソンながら2時間7分42秒は立派です。

男子マラソン界は、底上げがされています。
この先、世界レベルの2時間4分切りに期待しています。

かなりのトレーニングを積まないと、世界レベルへ近づきませんが、故障しないトレーニング方法は研究されていくはずです。

関連動画

2022.3.6

東京マラソン感激しました。

東京マラソンTVで観戦しました。 男子は、キプチョゲ選手(ケ…

日々の出来事

2021.9.25

10年前 EBS-RC活動開始当初

実業団監督を退任したのは2010年3月2010年11月に東京…

日々の出来事

2021.11.15

シューズはランナーの命!

先日久々にミムラボへ行ってきました。ミムラボは兵庫県加古川市…

日々の出来事

2022.1.11

現場第一主義!人間尊重!

私は、走ることが大好きです。私が走って選手目線で指導すること…

日々の出来事