― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   攻めの走りが好記録へ
攻めの走りが好記録へ

2022.2.7

別大マラソン、テレビで観戦、熱くなりました。
ペースメーカーが強風の中でも30kmまで、安定したペースでメイクしてくれました。

30km以降、34km過ぎに藤田寛人選手(トヨタ自動車九州)が仕掛け、36km付近で古賀淳紫選手(安川電機)が更にスパート、2時間7分台の記録が出せたのは古賀淳紫選手(安川電機)のお陰だと思っています。
結果として4位に終わりましたがアッパレです。

最後まで食らいついた西山雄介(トヨタ自動車)が40km過ぎででスパート、初マラソンながら2時間7分42秒は立派です。

男子マラソン界は、底上げがされています。
この先、世界レベルの2時間4分切りに期待しています。

かなりのトレーニングを積まないと、世界レベルへ近づきませんが、故障しないトレーニング方法は研究されていくはずです。

関連動画

2023.8.6

人生何が起こるか分からない!

今の私は週末がランニングの距離を踏めるパターンですが、昨日は…

日々の出来事

2022.9.14

女性長距離アスリートは心身共に健康であること!

初秋です。 徐々に朝夕から涼しくなってきます。 しかし、昼間…

日々の出来事

2022.7.6

指導者は学歴では無い!

アスリートの育成で、学歴は関係あるのでしょうか? プロ野球、…

日々の出来事

2023.11.29

マラソン サブスリー!

昨日は、東京より弁護士の先生に来ていただき、 事案の勉強会で…

日々の出来事