Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   その他  >   全日本大学女子駅伝。 大卒で実業団勝負する最低条件!
全日本大学女子駅伝。 大卒で実業団勝負する最低条件!

2022.10.30

大学女子駅伝日本一を決める。全日本大学女子駅伝が開催されました。

名城大学の圧倒的な強さで、史上初の6連覇達成でした。

 

 

一方、私が実業団監督時代コーチだった。弘 潤一監督が指導する大阪学院大学が過去最高タイの3位は嬉しいです。

私が監督時代は、彼の将来を補償できず、契約社員でした。弘監督の高校時代の恩師からは 、将来安定した職業をお願いしますとお願いされていました。

私の高校時代の同級生が弘監督の人間性を評価していただき大阪学院大学へ紹介してくれました。

これから更なる指導者として成長してくれると祈っております。

 

 

私は高卒ですから、大学の世界が分かりません。ただ、社会人でしたら得意技を磨ける環境があります。その分、走ることが仕事、走れることに喜びを感じさせることが監督の仕事です。

 

 

大学では、4年サイクルで選手が入れ替わります。指導する監督の先生方かは相当のご苦労があると察します。

 

 

ただ、大卒の男女共に言えることは、実業団で勝負するなら即戦力の意識を持つことです。

 

 

私が、現役時代の会社は、天下のトヨタ、世界なホンダと言われる。ホンダでした。

《ホンダの社是》

【わたしたちは、地球的視野に立ち、世界中の顧客の満足のために、質の高い商品を適正な価格で供給することに全力を尽くす。】

 

 

現役時代、私の職場は技術職(職人近い)職場でした。私は高卒でしたが、私の同じ年齢では高専卒、大学の工学部、または院卒のハイレベルな中で、仕事と競技をさせていただいたこては貴重な体験でした。何が違う!【志が高い】ことてす。

職場の教育は、高卒は一から教えていただきました。高校で習ったレベルとは桁違いでした。

高専卒、大卒、院卒の教育レベルは全く違いがある反面、技術的なレベルは、常に自身で考え、気づきを与えて与えていました。

 

 

回りくどい表現になりますが、実業団で勝負するなら、即戦力!の意識を持たないと通用しません。

大学を卒業して実業団で勝負するなら、今が競技生活の頂点ではありません。

また、大学の授業料は半端ではありません。

親族の支えがあってこそ生活ができているのです。

恩返しの気持ちを持ち、大学で養った経験をステップアップに生かして、視野は世界へと持っていただきたい願いがあります。

関連動画

2022.10.17

箱根駅伝予選会、今が全てでない!

10月15日(土)箱根駅伝の予選会が行われました。 出場43…

その他

2022.11.16

人生最終章! 本気で生きる!

今の私はサラリーマンですから、以前の様な毎日ランニングできる…

その他

2022.11.27

クイーンズ駅伝! 東高西低!

女子駅伝日本一を決むるクイーンズ駅伝が開催されました。今年も…

その他

2022.10.26

女子長距離選手の『美』について

女性長距離アスリートの『美』の表現について、私が感じているこ…

その他