Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   限られた環境でも結果出す!
限られた環境でも結果出す!

2022.2.14

我が母校から、全国高校駅伝7位入賞のタオルが届きました。

今や、高校生のアスリートの全国大会で優勝するのは、私立高校が当たり前の時代になりました。

その中で、公立高校が全国大会優勝するには至難の業です。
それでも、チャレンジし続けているのが、我が母校です。外国人留学生、県外から選手を集めることは無理です。

我が母校の指導者(監督)は、高校時代の同級生です。県教職員の中でボランティアが大半で全国優勝を目指しています。
これまで全国高校駅伝に8度優勝しています。
今は、少子化が進み私立高校は全国各地から選手が集まっています。

同級生の指導は、毎年テーマを掲げて生徒の意識付けしています。

【令和3年度】
《不撓不撓〜新しい事への挑戦〜》
5000m上位7名平均タイム14分15秒以内を目指してきました。
コロナの影響で限られた大会でも結果を出してきました。
夏期のトレーニングを順調に積んできたところに、新型コロナ感染者や濃厚接触者で、9月半ばまで登校禁止となりました。
駅伝までの1ヵ月という短期間の中でしたが、『逆境を人を強くする』の言葉にぴったり選手達は成長し、全国高校駅伝7位の結果と繋がりました。

【令和4年度】
『雲外蒼天〜感謝の気持ちを形に〜』
更なる成長を期待できます。
私立高校と比較すると恵まれた環境ではありませんが、やってくれると信じています。

関連動画

2023.12.3

浜名湖 ランニング!

浜松で住んでおきながら、プライベートで浜名湖のホテルを泊まっ…

EBS R.C活動記録

2023.8.6

人生何が起こるか分からない!

今の私は週末がランニングの距離を踏めるパターンですが、昨日は…

日々の出来事

2022.6.18

後輩達の活躍が励み!

インターハイの地区予選が行われています。昨日の近畿地区の15…

日々の出来事

2022.6.3

中学生の部活動について!

中学校の部活動指導が休日の指導者を外部の方へ移行・・・ 先生…

日々の出来事