― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   長距離アスリート世界トップ選手へ育成するには!
長距離アスリート世界トップ選手へ育成するには!

2022.7.20

世界陸上オレゴン大会 女子マラソンは松田瑞生選手(ダイハツ)入賞まで、あと一歩9位と活躍しました。
タイムは、世界陸上、過去出場した日本人生選手では最高タイムでした。

レースは、前半から先頭集団について行けず、粘り強いレース展開で9位まで順位を上げて行きました。

【世界トップと対等に走るには】
先日、男子マラソンで記載した通り、海外に駐在して海外選手と一緒にトレーニング、大会に出場して揉まれ心身共に鍛える。

女子選手のマラソン結果では、アメリカ代表選手は、メダルには届きませんでしたが3選手が入賞しています。
高地民族で無くても上位入賞できるのです。

★日本人選手の視野を世界へ向ける!

となると活動拠点は海外が一番の対策だと思います。
日本人選手が所属する企業は、世界に拠点があります。上手く活用できないでしょうか。

外野の勝手な意見をお許しください。
真剣に日本人選手が世界で戦うには、どうすれば良いか考えています。

関連動画

2023.12.10

日本陸上選手権 10000m

日本陸上選手権10000m 男女共に好記録でした。 男子では…

トレーニング

2021.12.31

2021年ありがとうございました!

本日より、仕事が1月3日まで休みです。今の私は、金融・保険業…

日々の出来事

2023.11.29

マラソン サブスリー!

昨日は、東京より弁護士の先生に来ていただき、 事案の勉強会で…

日々の出来事

2023.7.28

私は幸せものです!

現役時代にお世話になった会社の職場のOB会のハガキが届きまし…

日々の出来事