― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   EBS R.C活動記録  >   選手に尽くして信頼関係を構築!
選手に尽くして信頼関係を構築!

2023.5.17

本日は、在宅勤務で7月にスイスへ留学する女子選手とトレーニング
とは言いましても、週末は雨ばかりで連絡不足、走ることが思う様に出来ない日々が続いている中でのトレーニングでした。

毎朝:
腹筋、腕立て、スクワット、カーフレイズをやっていても、足は走る筋力とは違います。

【本日のメニュー】
①ウォーミングアップ 3km
②150m✖️4本
③300m✖️3本(目標タイム60秒)
④ダウンジョギング 2km
⑤パートナーストレッチ
※300mは、200m以降、呼吸よりも脚が動かなくて悲しかったです。しかし、200mまでは以外と動くものだと感じました。
ラスト100mは、顔(笑顔)と共に足の筋力が笑っていました(^ ^)

下記のタイムは恥ずかしいですが・・・ 
※1kmのラップは正確ですが、150m、300mは多少のズレはあります。

人のペースメイクすることは、今の自分の状態を考えて、予想以上に走れました。
現役時代は『自分のために走る』結果を出して喜んでもらう!
今は、ペースメーカーとして走り、達成感を味わってもらうことにやりがいを感じています。

私は現役引退以降、女子チームの監督をやっていても42歳までは選手と一緒に走っていました。

監督なりたての頃は、当時、イタリア トリノマラソンに日本代表で選出された選手と一緒に10日に一度に4回40km走、その間のスピード練習も一緒に走ってきました。

女子長距離チームの監督は、腕組みをして威厳を出すだけでは通用しません。
選手と一緒に走らないとなれば、練習で自信が生まれる言霊が重要です。
選手が監督について行けば『強く』なる信頼関係の構築がないことには、『強く』なりません。
指導者はサーバントでないと、世界へ羽ばたくことはないでしょう!

関連動画

2023.12.6

時間は貴重!

毎週水曜日は在宅勤務です。 それも、am8時からpm4時まで…

EBS R.C活動記録

2022.4.2

地道にやれば、記録は更新する!

本日は、初めて練習を見る28歳の男子選手 高校時代は野球部、…

EBS R.C活動記録

2023.9.24

マラソンを甘く見るな!

白内障の手術から、マラソントレーニングの序章段階です。 神戸…

EBS R.C活動記録

2021.9.1

懐かしい方々に会えて嬉しいです。

本日水曜日は、選手を指導する日です。 当初の予定は、土・日・…

EBS R.C活動記録