― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   その他  >   箱根駅伝 青山学院大学は強かった!
箱根駅伝 青山学院大学は強かった!

2024.1.3

第100階 箱根駅伝

青山学院大学の圧巻でした。

 

大半の方々が、駒澤大学の優勝だと思っていたかと思います。

 

 

箱根駅伝の各区間の距離は20km以上。

◾️長距離選手のピーキングはシビアです。

◾️距離が長い分、トラックの自己記録は関係 ありません。

◾️チーム内の雰囲気に【自身】または【不安】で大きく結果に影響がでます。

【青山学院大学の強さ】

◉選手層が厚い分、正選手に選ばれて不安よりも喜びの方が大きい

◉日頃、やってきたトレーニングに自信がある

◉原監督のカリスマ性が大きい

長距離指導者は、距離が長ければ長い分、理論・科学を大切にしながらも、泥臭いトレーニングが選手に大きな自信となります!

 

 

【今が人生の最高地点でない】

※メディアが大きく取り上げられることにより、これからの社会人として、走ること以外で何ができるか?

 

箱根駅伝の経験は、誰にでも自慢できます。

 

ただ、社会人(実業団)は学生以上に責任感を背負って結果の世界です。

これは、競技だけではなく、仕事でどこまで貢献できるかです。

 

《大きな勘違い》をしないで、走ることに磨きをかけると共に、社会人として、走ることと同様に資格を取るなど勉強が大切です。》

 

 

※悔しさを経験している選手ほど、雑草のごとく強いです。

※辛い思いをしている方ほど、人間として良識があります。奢りはありません。

 

 

◉100年も続いている箱根駅伝!

《この貴重な経験を、これからの人生に[世の中を変化を起こせる]逸材になって欲しいです。

 

 

[脚光を浴びてきたことがないランナーより]

ご理解をしていただきたいの妬みではありません。これからの陸上長距離界、これからの日本を背負って欲しい願いがあります。

一方、私は地道に夢の実現へ行動をして行きます!

関連動画

2023.9.10

世界レベルへ!

田中希実選手(ニューバランス)が世界レベルの走りをしてくれま…

その他

2022.12.17

実業団女子長距離チーム監督

  監督の仕事は、当たり前ですが、 結果を出すこと…

その他

2022.10.17

箱根駅伝予選会、今が全てでない!

10月15日(土)箱根駅伝の予選会が行われました。 出場43…

その他

2022.11.6

母校の優勝! 駅伝は何があるか分からない!

全日本大学駅伝をTV観戦しながら、兵庫県高校駅伝の母校の結果…

その他