Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   本気なら、大卒などの肩書きは不必要!
本気なら、大卒などの肩書きは不必要!

2022.5.29

世界へ目指すなら、大学よりも実業団(プロ)の道を選んだ方が良いと、現役時代から感じています。

 

今の時代、箱根駅伝とか全日本大学生駅伝で結果を出すことを目的に、高校から大学への進学のは大半です。

 

大学へ入ることにより肩書きができます!

社会へ出た時の評価は高卒と比べて、大卒の方が世間体ではカッコが付きます。

 

ただ、現在の日本、バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災、新型コロナ、ロシア・ウクライナによる影響があります。

 

この様な状況の中で、大学の授業料、生活費、用具代を準備できる保護者がどこまで存在するかです。

 

高校時代に実績を評価されたアスリートでも、大学の入学金、授業料を免除されている様ですが、生活費が必要です。

 

本気で、日本トップ、世界へ目指すなら、高校を卒業してから競技に打ち込んで、しっかりとお金を蓄えてからでも大学へ行けるはずです。

 

実業団(プロ)では、活躍すれば、活躍に沿った給与、報酬金がもらえるはずです。

 

活躍が大きければ、大きいほど、環境が良くなります。

 

私が高卒だから妬んでいるのではありません。

私は、大学へ行くのは経済的に無理だったのですが、現役時代に所属していた会社から、有難い評価をしていただきました。

私の場合は、日本を代表するアスリートではありませんでした。その中、現役引退と同時に、女子長距離チームの指導者となると言う、誰にも与えてられないチャンスをいただきました。

サラリーマンとして安定感を選ばす、生きがいを選択しました。

走ることの仕事に長く携わることができました。

 

この間、私に足らなかったのは、通信制大学で肩書きを作るか、誰にも負けない資格を取るべきでした。

 

高校生へ言いたいのは、大学へ行って競技を続けるなら、保護者から《おめでとう》では無く《ありがとう》と言ってもらえる覚悟で勝負してもらいたいです。

 

人生、いつまでも勉強です。

 

私は、人生諦めていません。

関連動画

2022.8.26

長距離ランナーは幼少期から本格的にやらせないで!

陸上・長距離ランナーを育成するには、小学生から記録を追うのは…

日々の出来事

2022.8.2

本日で59歳になりました!夢は諦めていません!

本日で59歳になりました。本日は出勤日、今ようやく落ち着いた…

日々の出来事

2023.8.2

60歳 還暦となりました!

本日で60歳となりました! たくさんの祝福のお言葉に感謝して…

日々の出来事

2022.7.13

長距離アスリートの体調管理の難しさ!

本格的に取り組んでいるアスリートの体調管理は難しいです。 &…

日々の出来事