Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   日本陸上選手権女子10000m
日本陸上選手権女子10000m

2022.5.8

日本陸上選手権10000mが国立競技場にて開催されましたが、テレビで観戦しました。

今年7月に開催されてる世界陸上オレゴン大会の選考会も兼ねていました。

女子では標準記録31分25秒を切っているのは、広中瑠梨佳選手(JP 日本郵政)と五島莉乃選手(資生堂)の2名です。

レースは五島莉乃選手(資生堂)がスタートから引っ張る形で、標準記録を突破しない選手は誰も先頭に出ず、付いていく展開となりました。いつものレースでしたら広中瑠梨佳選手(資生堂)がスタートから先頭を引っ張る展開になるのですが、体調が万全でなく今季初レースとなり、慎重について行きました。ところが7000m過ぎてから先頭に立ち自らペースアップして行き、最後までトップを走り続け堂々の優勝でした。さすが東京オリンピック10000m7位入賞の実力を見せてくれました。

一方、五島莉乃選手(資生堂)は遅れはしたものの3位に入り、世界陸上オレゴン大会、広中璃梨佳選手(JP日本郵政)と共に出場内定となりました。五島莉乃選手(資生堂)の積極的な走りは素晴らしかったです。

5月のトラックレースは、シーズンがスタートしたばかりで、今大会に標準を合わせるのは難しかったと思います。

さて、あと1名枠、標準記録は6月27日までとなっております。誰が突破して出場権を獲得できるか注目です。

世界陸上オレゴン大会では、更なる進化した走りを出来ることを祈っています。

日本新記録でメダルを獲得して欲しいです。

関連動画

アイキャッチ

2022.1.1

ニューイャー駅伝 ホンダ初優勝!

ニューイャー駅伝2022 ホンダが創部51年目で初優勝しまし…

日々の出来事

2021.8.12

タイムが伸びないランナーを救いたい。。

自己記録を人に言えないほど恥ずかしい。 だけど、記録を伸ばし…

日々の出来事

2023.12.10

日本陸上選手権 10000m

日本陸上選手権10000m 男女共に好記録でした。 男子では…

トレーニング

2021.12.19

生涯走り続けたい!

今の私は、以前の走行距離より落ちています。 走る仕事をしてき…

日々の出来事