Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   メンタルタフネスランナー!
メンタルタフネスランナー!

2022.5.18

アスリートを指導して世界へ羽ばたかせることが、私の人生で最後の職でありたいです。

世界へ羽ばたく!

選手=アスリートは、1人でハイレベルなペースで走り続けることは厳しいです。

チームのメンバーの一員であると上手くメンバーと一緒にトレーニングをしながら、自身のレベルへ切り換えることができます。

長距離アスリートは、1人でハイレベルなトレーニングを積むことは難しいのが現実です。

マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ選手、今の男子マラソン界では敵無しです。

しかし、トレーニングはチームで行っています。

その中で、自身の世界を確立しています。

長距離、マラソンランナーは、1人で極限へ追い込むにはメンバーの存在が大きいです。

オリンピック、世界レベルの大会などで上位へ入賞するアスリートの中、常に1人でトレーニングをやっている方はいます。

しかし、極限レベルに達するには、他のメンバーの存在は必要だと強く感じます。

【メンタルタフネスになるには】

監督(コーチ)と一心同体に近い信頼関係が必要

チームメンバーの刺激が必要です。

チームメンバーとのコミュニケーションで発見、気付きが生まれます。

常に、栄養、コンディションニング、筋力トレーニングのサポートが必要です。

【上記の環境の中で】

トレーニングの苦しさを苦しいと感じず、当たり前であること。

周りのサポートメンバーに感謝の気持ちを持っていること。

今が充実している。走ることが大好きで楽しいと思い続けること。

自身の走りで、世の中の方々へ勇気、感動、元気を捧げたい気持ちを持っていること。

【上記のメンタルにより】

自分が一番強い、誰にも負けない体のケア、トレーニングをしていると確信していること。

人間は生身の体です。心身共に変化が生じます。この様なことを乗り切っていることが最前提です。

私は、メンタルタフネスへ導いていきたい‼︎

関連動画

2021.8.9

東京オリンピック 男子マラソンについて 

東京オリンピック男子マラソン 大迫傑選手(ナイキ)の粘り強い…

日々の出来事

2022.5.22

インカレ、インターハイの結果が全てで無い!

週末は、関東インカレ、私が住んでいる静岡では県高校総体陸上競…

日々の出来事

2022.2.23

世界へ羽ばたくには!

日本は島国です。 海を渡らないことには他国が見えません。 勉…

日々の出来事

2022.1.11

現場第一主義!人間尊重!

私は、走ることが大好きです。私が走って選手目線で指導すること…

日々の出来事