Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   マラソンを世界で制するには!
マラソンを世界で制するには!

2022.7.18

世界陸上オレゴン大会男子マラソン

日本代表選手、西山雄介選手(トヨタ自動車)が2時間8分35秒、過去、世界陸上のマラソンでは日本人最高記録を更新しましたが、順位は13位、入賞(8位)に届きませんでした。

優勝したTamilat TOLA選手(エチオピア)

2時間05分03秒

西山雄介選手(トヨタ自動車)30kmからのスパートに対応出来なかったのが悔しいですね。

30km〜35km 5km 14分11秒

35km〜40km 5km 14分10秒

40km〜ゴール2.195km  6分05秒

後半のハーフタイム  1時間01分27秒

 

これからの日本長距離界が世界で戦うには、アフリカ選手を日本企業に所属させるのでは無く、日本人選手が海外に駐在させて、常日頃から世界のトップ選手と一緒に切磋琢磨してトレーニング、大会に出場しないことには、更なるレベルアップは厳しいと判断します。

心身共に、海外選手に対等に勝負するには、化学的トレーニングは必要ですが、一番重要なのはメンタルです。

 

指導者と共に海外拠点で活動できる環境作りが急務だと思います。

 

日本国内で活動しても、選手間の情報は他チームの日本人選手だけになりがちです。

 

外国語を勉強しながら、言葉の壁を打ち破り、グローバルに活動しないことには、日本の長距離アスリート界は世界で通用しないと感じています。

 

企業戦士と同様にアスリート戦士を育成することです。

関連動画

2022.7.30

【今を生きる】目線を合わせる。

新型コロナの感染者が異常です。私が住んでいる浜松市では、感染…

日々の出来事

2022.3.17

企業スポーツのありたい姿

日本の独自が行っている企業スポーツ。 今の企業スポーツのあり…

日々の出来事

2021.9.16

ご冥福をお祈りします

本日は、碓井哲雄さんの告別式(コロナ禍で家族葬)です。現役時…

日々の出来事

2021.12.7

全国高校駅伝、母校が再び上位入賞へ!

日々の出来事