Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   その他  >   ヒューストンマラソン 新谷仁美選手
ヒューストンマラソン 新谷仁美選手

2023.1.16

ヒューストンマラソンで新谷仁美選手(積水化学)が、日本歴代2位となる。

2時間19分24秒で優勝でした。

ちなみに、日本記録は野口みずきさんが2005年度にベルリンマラソンでの2時間19分12秒となります。

 

女子マラソンで2時20分切りのタイムは、約13年ぶりとなります。 

 

2時間20分切るには、トラックで例えると5000m14分台、10000m30分台の走力が無いと出ません。

 

後は、マラソンは我慢・辛抱を耐えれるメンタルが必要です。 

 

新谷仁美選手(積水化学)は、年齢的にマラソン対応できる人間として成長しています。

 

◉マラソンに対して、苦しいのが当たり前の気持ち

◉自身の体のケアが行き届いている。

◉支えて入れてくれている方々に対しての恩返しの気持ち

◉記録を出してやる強いメンタル

他の選手と比較できない取組みがあったはずです。

 

これを機に、再び日本女子マラソン界に活気が出ることを願っています。

関連動画

2022.12.17

実業団女子長距離チーム監督

  監督の仕事は、当たり前ですが、 結果を出すこと…

その他

2023.1.24

長距離アスリート育成の条件!

本日は、所用でお休みをいただきました。ある機会があり、長距離…

その他

2022.10.17

箱根駅伝予選会、今が全てでない!

10月15日(土)箱根駅伝の予選会が行われました。 出場43…

その他

2022.11.12

地道なセルフケア

このたびの痛風の回復が遅いです。 ランニングを再開して2週間…

その他