Loading...

― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   日々の出来事  >   セイコーグランプリ陸上2022 女子1500m
セイコーグランプリ陸上2022 女子1500m

2022.5.8

セイコーグランプリ陸上が開催

女子1500mでは、田中希実選手(豊田自動織機)が出場連、連戦が続く中、外国人と競り合い、最後のラスト100mのスパート力の差で3位となりましたが、堂々としたレースでした。

日本の中距離界は、世界で戦うには国内の選手だけで記録を出すには困難です。日本人選手で互いに競合うハイレベルなライバルが必要です。

 

私が、2002年頃だったと思います。チームにルーマニア選手が在籍していたので、ルーマニア陸上選手権に我がチームの選手が5000m、10000mに出場させていただきました。

 

その中、1500mでは予選から4分一桁の選手が多数いました。同じ、平地民族でありながら何が違うか・・ルーマニアでも国内にある高地でトレーニングをやっているとのことでした。これは日本も同じです。

 

大きな違いは、筋力トレーニングを積極的に行っていることです。日本人女性ではとても無理な負荷を簡単にやっているのです。(腹筋ではベンチプレースのプレートを持ってやっています。何を行うにしても自重ではなく負荷を掛けていました。)

 

単なる走るだけではなく、筋力トレーニングを重視していることを感じました。

当時は、世界的ランナーであった。カブリエラ・サボー選手がいました。華やかさの中に筋力は凄いものでした。

【サボー選手の実績】

【サボー選手の自己記録】

 

日本人に必要なのは、筋力=パワーです。

その選手にあった筋力トレーニングと共に、互いに競合えるトレーニングが出来れば、今の日本人選手でもトラックでも戦えるはずです。

 

田中望実選手(豊田自動織機)が、世界陸上オレゴン大会での更なる活躍を期待しています。

 

関連動画

2021.8.9

東京オリンピック 男子マラソンについて 

東京オリンピック男子マラソン 大迫傑選手(ナイキ)の粘り強い…

日々の出来事

2021.8.17

好きな気持ちをいつまでも忘れずに

皆さんは数あるスポーツの中、なぜ陸上競技選手を選びましたか?…

日々の出来事

2021.8.9

東京オリンピック 女子マラソンについて

女子マラソン快挙! 東京オリンピックは女子マラソン、一山麻緒…

日々の出来事

2022.2.5

補強は重要です。

寒い日が続いています。 浜松市でも、雪がちらほらしていました…

日々の出来事