― 信じる力 ―

Power of Believing

HOME  >   トレーニング  >   ジュニア期での小学生の指導!
ジュニア期での小学生の指導!

2022.11.19

本日は、小学1年生男の子に、来月に持久走大会があるので指導して欲しい依頼を受けました。

ご自宅近くの公園でトレーニング。

まだ6歳です。

走るだけでは、ただの体育の授業です。

ラダー、ミニハードルを使って体全体を使わないと足が動かないこと(姿勢良く腕を振る)を意識させてランニングをさせました。男の子は素直に腕振りを意識していました。

 

 

長距離で小学生を指導するのは、一番重要なのは走ることが好きになってもらいたいです。

スポーツではどの競技でも、走ることが基本です。

小学生時代は、あらゆるスポーツ競技でも対応できることが大切です。

やみくもに、長距離にこだわると小学生で記録が伸びて大会で優勝!静岡県では市町村対抗駅伝のメンバーに入って区間賞を獲得・・・

 

 

小学時代に長距離を本格的にやらせても、走るのは子供です。次の中学で記録が伸びるかは部活動の先生次第です。(これからは、教職員の働き方改革で指導するのは外部へ委託傾向になります。ただ危惧するのは勝負に拘り、子供達のコミニュケーションが取れるか⁇)静岡県では、大半の子供達が市町村対抗駅伝のためか、将来の伸び代を無くしています。市町村対抗駅伝に、小学生区間を無くして欲しいと願っています。(小学生の年齢では過熱し過ぎています。)

 

 

子供達には、走ることは得意である。

どのスポーツにも通用する育成して欲しいです。

 

 

技術を要する球技スポーツのほか体操、水泳、スケートなどは幼少期のトレーニングが積み重ねとなって将来につながっています。

 

 

陸上では、短距離、投擲、跳躍は早い時期に技術を身に付ければ将来につながると思います。

 

 

長距離は違います。

走る時間が長い分、感情の持って行き方です。

何度も言わせていただきますが

【伸び切ったパンツのゴム】

今まで勝ってきた選手に負けた時のメンタルの持って方です。これは指導者の腕となります。

 

 

長距離界で世界で戦いたい意識になるのは、早くて高校時代です。

 

 

本日、教えていただいた小学1年生には、走ることを好き!得意になってもらいたいです。

 

 

静岡県に住んでいながら、小学生の育成の批判をすれば、反発が大きくなるのは覚悟です。

まず、長距離界が世界で通用するレベルになるには何が大切かです。

 

 

走ることが好き!を持ち続ける指導です。

指導者が本気なら、選手にも気持ちが通じる選手がいるはずです。

関連動画

2024.3.27

私の指導者としてありたい姿!

本日は在籍勤務! 仕事後に即走れる! この様な生活を毎日続け…

トレーニング

2023.10.15

マラソンに勝つには!

バリオリンピック マラソン代表枠男女共に 3人枠の内2人を決…

トレーニング

2024.4.17

体質が変わった・・黄砂の影響?

在宅勤務! 午後4時に仕事を終えてランニング。 実は2週間前…

トレーニング

2023.10.31

本日は30km!

本日は30km走ってきました。 11月19日の神戸マラソンに…

EBS R.C活動記録